2017年11月22日

ストーリア ウッドコンビハンドル ヤフオクで入手!

なんと1200円でゲットした
ストーリア ウッドコンビハンドル

ハンドル変えると気分変わるですよ。

これほんと!

posted by けん at 16:16| パーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛用のカバン

関係ないけど、私の大好きなカバンです。


ワールドトラベラー[フェーム]ショルダーバッグ
小旅行、サブバッグに最適!
posted by けん at 16:16| ブックマークする?? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

買い損ねた!

買い損ねた車

18歳の時見た
売約済み すぐ乗れます 未使用車 とすでに札のあったコペン


ムーブ ★ワンオーナー★ 超美車 と書いてあったやつ
posted by けん at 16:16| 評判の良かった車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハイゼット

おやじが乗っていた。
ダイハツ ハイゼットトラック4WD

9代目ハイゼットトラック
KF型 直3 660cc(トラックのみ)

駆動方式 FR
パートタイム4WD

サスペンション 前:マクファーソンストラット
後:リジッドアクスル+リーフスプリング

全長 3395mm

全幅 1475mm


ホイールベース 1900mm


1999年 フルモデルチェンジ。

この型からバンの名称をカーゴに変更しセミキャブ化した。

車体デザインをジウジアーロ率いるイタルデザインが手懸けた。

トラックはフルキャブのままであった。

トラック・カーゴとも前面衝突安全基準をクリアしている。

2000年 全グレードにカラードバンパーを採用

2001年 小型自動車登録のハイゼットグランカーゴを発売。2004年11月に製造終了。

2002年 カーゴにターボエンジン搭載のデラックスターボ追加。ターボ車と4WD車に4AT仕様が追加。

アトレーのバンモデル消滅に伴いアトレーCL後継のクルーズが追加
2004年12月 トラックをビッグマイナーチェンジ。

ダイハツ九州株式会社に生産拠点を移動した。

フロントフェイス、インパネ、リアテールなどが大幅に変更された。

最小回転半径が3.7mと現在生産中の軽トラックで最小となった。(ただしその後キャリイのFCが3.6mでさらに上回る)

2007年12月 トラックをマイナーチェンジ。型式が2WD車が「S201」、4WD車が「S211」となる。

エンジンがこれまでのEF型エンジンからKF型エンジンに変更。全車DOHC12バルブ・DVVT化されたため、2WD、4WDに拘らず、DOHCエンジン搭載の5MT車専用のお買い得仕様「ツインカムスペシャル」は廃止された。
参考:wikipedia
posted by けん at 16:16| 人気の中古車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネイキッド

今でも人気!特にネイキッド、人気のオリーブ色

Nakedとは英語で「裸」、「むき出しの状態」、「ありのまま」を意味する言葉である。その名の通り、「むき出しの素材感」がテーマとなっている。

1997年に開催された第32回東京モーターショーに参考出品された。

当初は市販化の予定は無かったが、同モーターショーでの反響が大きかったため、市販化が決定した。

その後、1999年に開催された第33回東京モーターショーで市販化モデルが公開された後、同年内に販売開始。

ちなみにベースは前年フルモデルチェンジされたミラ(L700系)である。


構造
東京モーターショーでコンセプトカーとして発表されたスタイルを660cc排気量の新軽自動車規格にあわせ、ほぼそのままのデザインで市販化。

バンパー及びグリルは外側からビス止めされており、簡単に取り外し出来るようになっている、元の部品を取り外してダイハツディーラーオプションのカーボンルックのパーツやフォグランプが装着可能。

さらに、板金パネルをイメージした意匠の4枚のドアはヒンジで外付けされており、90度に開口可能としている。

加えて、内装にも鉄板を用いており、マグネットの携帯電話ホルダーや、コインホルダーが好きな所に付けられる。

また室内は天井に突っ張り棒を掛けられる穴(バーエンドキャッチャー)を設置し、Cピラー及びバックドア裏側にはナット穴を設置している。またリヤシートは着脱式としている。 一般的なキーレスとは違い、ドアを閉めて車から離れると自動的に施錠、車に近づくと自動的に解除される「キーフリーシステム」を採用している。

全高を1550mmに抑えて立体駐車場に入れるようにし、なおかつムーヴよりも低いラゲッジルームの下端高さを採用している。

最低地上高は、軽セダンにしては珍しい180mm(4WDは150mm)となっているため、多少の走破性はあり見晴らしも良いが、腰高のスタイル故に高速走行時の安定感があまり良くないとの意見もある。

また、スクエアなデザイン、ヒンジ剥き出しなど無骨なデザインを生かしてエクステリアをハマー風に改造する事例も一部で見られる。

歴史
1999年11月 新発売。

エンジンは軽新規格化と同時に開発されたEF-VE(3気筒DVVT付きNA)及びEF-DET(3気筒ターボ)を搭載。

トランスミッションはエンジン・駆動方式を問わず5MT/4ATが選べた。

2002年1月 マイナーチェンジ。

角目ライトのFシリーズ追加(FシリーズはATの設定のみ)。

従来の丸目ライト車はGシリーズに名称変更。ATをフロア式からコラム式に変更。

2003年5月 一部改良。

最廉価グレードのLが追加された。

Fシリーズは廃止され、角目ライトは「Fパック」としてパックオプションとなる。ターボGのマニュアル設定が廃止。

2004年4月 販売終了。
参考:wikipedia
posted by けん at 16:16| 人気の中古車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイハツ・ブーン

【シンプルで使いやすいを求めたらコノカタチ】

トヨタと共同開発された自動車で生産はダイハツが行う。

ストーリアの後継車である。

トヨタからはパッソとして発売される(ダイハツがOEM供給していたデュエット後継)。

海外向けには「ダイハツ・シリオン」( Daihatsu Sirion )(2代目、初代はストーリア)として販売されている。

また、マレーシアではプロドゥア・マイヴィ(Perodua Myvi)として生産・販売されている(ブーンとは細部が若干異なる)。

2007年秋から富士重工業へOEM供給され、スバル・ジャスティとしてヨーロッパでも発売されている。

インドネシア仕様のシリオンは外観デザインが若干違う。

現在1300tモデルのみFIA公認車両となっている。

ちなみに「X4」(クロスフォー:後述)は日本国内競技でのみ有効なJAF登録車両なのでFIA主催の国際イベント(WRC)には現時点では参戦不可。

又、車両型式M301Sで取得している為パッソでの参戦も不可となっている(パッソは型式が#C10型である為、JAF登録車両でも無い)。

メカニズム

エンジンは新開発のダイハツ製1KR-FE型3気筒DOHC12バルブ1000cc、71馬力自然吸気エンジンまたはダイハツ製K3-VE型4気筒DOHC16バルブ1300cc、90馬力自然吸気エンジンになる。

尚、香港では輸出名Sirionでトヨタ・パッソに見られるRacyグレードを3SZ-VE型4気筒DOHC16バルブ1500cc自然吸気エンジン(ダイハツ製)で販売している。

特殊なモータースポーツベースグレード、「X4」はK3-VET型4気筒DOHC16バルブ1300cc、140馬力ターボエンジンをベースとした、KJ-VET型4気筒DOHC16バルブ936cc、133馬力ターボエンジンを搭載。

この中途半端ともいえる排気量はモータースポーツ参戦を見越し、JAF公認競技の1600cc未満のクラスに収まるように調整されたものである。

レギュレーション上、過給器付きエンジンは排気量を1.7倍に換算するため、このKJ-VETは1591ccに相当する。

トランスミッションはX4が5速MTのみで、それ以外は全て4速ATのみである(海外向けのシリオンには5MTの設定有り)。

なお、パッソにはX4に相当するモータースポーツベースのグレードは設定されないが、グレード「Racy」をカスタマイズしたTRD Sports Mがある。
参考:wikipedia
posted by けん at 16:16| モデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピカピカシルバーの美車

初めてのダイハツは
近所の中古車屋マックス ピカピカシルバーの美車だった。

それは4代目 L500型ダイハツ・ミラ3ドア!


エンジン JB-EL型 0.659L
直列4気筒DOHC16バルブ

最高出力/トルク {{{最高出力/トルク}}}

最高出力 55ps(40kw)/7,000rpm

最大トルク 5.8kgm(57nm)/4,000rpm

変速機 4速/3速AT / 5速/4速MT

駆動方式 4WD / FF

サスペンション 前:マクファーソン式ストラット
後:
5リンク(4WD)
セミトレーリングアーム(FF)

全長x全幅x全高 3,295 x 1,395 x 1,465mm

ホイールベース 2,300mm

車両重量 710kg

ブレーキ 前:ディスク
後:ドラム

4代目ミラは1994年9月登場。

このモデルではダイハツの軽自動車としては初となる4気筒DOHC16バルブエンジンJBシリーズがラインアップされた。

今までの型とは違い、やや丸みを帯びた外観となった。

TR-XXは登場初期こそ販売は好調であったが、1年後に同社から発売された軽トールワゴンのムーヴに人気が集中し苦戦を強いられる。

次期モデルにはターボモデルは存在するが、結果的にTR-XXシリーズはこの代で幕を閉じることになる。

初代モデルより継続してラインナップされたウォークスルーバンは4代目もラインナップされたが、これを最後に消滅した。

安全装備として、ミラシリーズ初のABSが設定され、マイナーチェンジによりエアバッグの設定が加わった。

またフルラップ前面衝突40km/hでの安全性もクリアしている。

1995年10月 一旦消滅した派生モデル「ミラ・モデルノ(Mira Moderno)」復活。

エンジンは全車DOHC4バルブで3気筒12バルブ(EF-ZL)・4気筒16バルブ(JB-EL)の2種類。

ミラ・モデルノ追加で既存グレードはグレードの見直しでNA仕様は廉価版のみに整理されてしまった。

1996年5月 モデルノのみマイナーチェンジ。

1997年5月 マイナーチェンジ。

スポーティ版グレードとバンを除き標準車はミラ・モデルノに合流化。

4気筒エンジン搭載車はターボ車のみへ。

1997年8月 現在のミラ・ジーノの源流となった「ミラ・クラシック」追加。

レトロ調の5ドアセダンで標準車をベースにヘッドライトとテールランプを丸型・バンバー、ホイールキャップ、ドアミラー、ドアハンドルをメッキ化。

内装ではライトブラウンで統一したインテリアとイタリアMOMO社製のウッドステアリングホイールを装備。

40馬力(2WD)と55馬力(4WD)のNA仕様と64馬力のターボ仕様がある。

1998年1月 モデル末期の特別仕様としてパルコ及びサンリオとコラボレーションによるクラシック・パルコとモデルノ・ハローキティをそれぞれ追加。

L502系ミラは唯一4気筒エンジンを搭載したミラでありスポーツ性能が非常に高く、ダイハツチャレンジカップでは製造から10年以上経過する車両であっても常に上位を占める車両形式の一つである。

ミラTR-XXアバンツァートX4・X2

3代目にも設定されていたラリー仕様車を4代目にも設定。

JB-JL型エンジン搭載の4WD車であるTR-XXアバンツァートR4をベースにラリーユース前提のため装備を簡略化、JB-JL型エンジンはアルミ製鍛造ピストンの採用、燃料ポンプの流量アップ、高熱価スパークプラグの採用、タービンの高回転対応インペラの採用などファインチューニング。

ミッションはクロス化され、サスペンションも強化仕様品が装着され1994年11月に販売開始。車両価格は1,200,000円。

翌1995年11月には全日本ラリー選手権第2部門をターゲットとしたFFの競技専用車「TR-XXアバンツァートX2」を販売開始。

TR-XXアバンツァートR2をベースとし、エンジンはX4と同じファインチューニングを施され、ミッションを専用にクロス化、サスペンションも強化仕様品が装着、ラリーユース前提のため装備を簡略化などX4と同等の改良がなされた。車両価格は1,080,000円。

飛ぶように走ったTR-XX!
posted by けん at 16:16| 評判の良かった車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ムーヴカスタム

【かっこいいパパを見せつけよう♪】ダイハツ・ムーヴカスタム

2008年12月15日にマイナーチェンジ!

標準車はグリル、フロントバンパーやテールランプのデザイン変更(テールランプはブレーキとウインカー/バックランプの逆配置)、カスタムはフロントグリルを姉妹車のムーヴコンテ カスタムと同一のデザインに変更、テールランプのクリアー化を行うなど、前後周りを一新。

ディスチャージヘッドランプと自発光式メーター(照明色は高級感を演出するホワイト&ブルーに変更)を全車標準装備化し、リアコンビネーションランプもレンズ面が大型化された新デザインのものを採用。

内装もオーディオ部分にブラックメタリック塗装を施し、シート表皮も変更された。標準タイプは内装色をベージュ色にすると共にフロント周り、リアコンビネーションランプのデザインを変更。

フロントフェンダーのターンランプをクリアタイプに変更(L・X)、メーターがブラック基調となり、インパネ下部にシルバーガーニッシュを取り入れ、高級感を演出した。

その他、標準・カスタム共にトップシェイドガラス、キーフリーシステム(L・カスタムSを除く)、エコインジケーター(MT車を除く)等が追加され、利便性・快適性が向上された。また、ボディカラーの新色に「ハーブグリーンメタリック(標準タイプ)」、「ブロンズクリスタルメタリックオパール(カスタム)」を追加。グレード体系も変更となり、標準タイプは「L」・「X」・「X Limited」の3グレードに集約。

カスタムは従来の「L」に替わって充実装備の「S」を追加、「R」にはCVTが搭載され、ターボ仕様の全グレードがCVTとなった。
参考:wikipedia
posted by けん at 16:16| モデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テリオスキッド

「テリオス」は古代ギリシャ語で「願いを叶える」の意味で、
「キッド」は英語で若者、子供の意味なんです。

いい名前だ!

テリオスキッドは、同時進行で開発されていた登録車(小型車)規格のテリオスの全長、全幅を軽規格内に収め、エンジンも660tに換装させて1998年に販売開始(トヨタにはOEM供給していない)された。

軽SUVとしては唯一、5ドアボディとフルタイム4WDが設定されている。

テリオスは既に販売を終了しているが、こちらはまだ生産中である。

全車ターボ付EF型エンジン搭載でインタークーラー付と無しの2タイプがありボンネットにダクトの付いたモデルがインタークーラー付車両である。(2006年8月のマイナーチェンジで全車インタークーラー付となった)

2002年の国土交通省・自動車事故対策センターによる軽自動車アセスメントの、衝突安全性能総合評価において、助手席で6つ星、運転席で5つ星を獲得している。

現在は、カスタムX, カスタムL, Lの3つのグレードで発売されている。カスタムXおよびLと、Lの違いは、カスタム系にエアロバンパー等がついていること、アルミホイール採用の有無(ただし、スペアタイヤはどのグレードでもフルメタルホイール等である。

またカスタム系はローダウンサスペンションを採用している。

カスタムXとカスタムLの違いは、カスタムXでは、ドアミラーターンランプ、キーフリーシステム、ABSを標準装備していること等である。

全グレードに2WD(FR)と4WDが設定されている。MT車は、カスタムLとLの4WD車のみの設定となっている。

4WDシステムは軽自動車唯一のセンターデフ付きフルタイム4WD方式を採用している。

アトレーに採用されたオールタイム4WD/マルチセレクト4WDシステムと同一であるが、パートタイム機構は省かれており、センターデフロック機構はインパネのボタン一つで切替可能となっている。

オプションでスーパーデフロックの代わりにダイレクトトラクションLSDが設定されている。
参考:wikipedia
posted by けん at 16:16| モデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このサイトは「ダイハツのレス」ではありません。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。