2017年05月26日

ハイゼット

おやじが乗っていた。
ダイハツ ハイゼットトラック4WD

9代目ハイゼットトラック
KF型 直3 660cc(トラックのみ)

駆動方式 FR
パートタイム4WD

サスペンション 前:マクファーソンストラット
後:リジッドアクスル+リーフスプリング

全長 3395mm

全幅 1475mm


ホイールベース 1900mm


1999年 フルモデルチェンジ。

この型からバンの名称をカーゴに変更しセミキャブ化した。

車体デザインをジウジアーロ率いるイタルデザインが手懸けた。

トラックはフルキャブのままであった。

トラック・カーゴとも前面衝突安全基準をクリアしている。

2000年 全グレードにカラードバンパーを採用

2001年 小型自動車登録のハイゼットグランカーゴを発売。2004年11月に製造終了。

2002年 カーゴにターボエンジン搭載のデラックスターボ追加。ターボ車と4WD車に4AT仕様が追加。

アトレーのバンモデル消滅に伴いアトレーCL後継のクルーズが追加
2004年12月 トラックをビッグマイナーチェンジ。

ダイハツ九州株式会社に生産拠点を移動した。

フロントフェイス、インパネ、リアテールなどが大幅に変更された。

最小回転半径が3.7mと現在生産中の軽トラックで最小となった。(ただしその後キャリイのFCが3.6mでさらに上回る)

2007年12月 トラックをマイナーチェンジ。型式が2WD車が「S201」、4WD車が「S211」となる。

エンジンがこれまでのEF型エンジンからKF型エンジンに変更。全車DOHC12バルブ・DVVT化されたため、2WD、4WDに拘らず、DOHCエンジン搭載の5MT車専用のお買い得仕様「ツインカムスペシャル」は廃止された。
参考:wikipedia
【関連する記事】
posted by けん at 10:55| 人気の中古車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このサイトは「ダイハツのレス」ではありません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。